本文へ移動

松きのこ

世羅町発五泉産 松きのこのご紹介

衛生管理された工場で栽培しております。
ビタミン・βグルカン・亜鉛を多く含んだきのこです。
 
椎茸の育種から生まれたキノコ「松きのこ」。その味と歯ごたえは絶品です。
衛生的な栽培工場で無農薬栽培されているため、虫喰いや汚れの心配がありません。おが屑等が付着していることがありますが、その際は水洗いせず、ふきん等で軽くぬぐってください。
調理のコツは、火を通しすぎないことです。他のキノコにない、ほんのりとした甘みをお楽しみください。
保存する場合は、新聞紙等に包み、冷蔵庫に入れ、1週間以内にお召しあがりください。
スライスして冷凍保存していただいても結構です。
 
以下、松きのこの美味しい食べ方レシピをご紹介します。

松きのこの特徴

  • 芳醇な風味とサクサクした食感が楽しめます。
  • 栄養分として、ビタミンやβカロテン・亜鉛が豊富に含まれてます。
  • きのこが苦手な子供たちも食することができる、素直なきのこです。
  • 松きのこの大きな特徴は、生食ができるということです。生食ができるため、栄養分が壊れないので、サラダ感覚で食することができます。あまり火を通しすぎず料理することが美味しく食べるコツです。
  • 冷凍しておくと、旨み成分であるアミノ酸が増えるため美味しく食べれます。
     

松きのこ 誕生秘話

松きのこは、広島県世羅郡世羅町にてマツタケの研究をする中で生まれたシイタケの仲間のきのこです。
世羅町は過去日本でも有数のマツタケの産地でしたが、最近では酸性雨や黄砂、松くい虫の異常発生等により、年間100キログラム前後しか取れなくなっていました。その影響はマツタケだけではなくい山の「雑きのこ」達も姿が見えなくなってきていました。
きのこが山から姿を消すと山の木が倒木をしたままの木が堆積してしまい、土砂災害等の被害が起こりやすいのです。
 
そんな山の現状を改善するために、きのこを人工栽培して山に帰してやれないかと発案し研究栽培しましたが、山に帰しても害獣被害等によりきのこが育たないため、屋外栽培から屋内栽培へと移行しました。そして、様々な研究の中で1年物、3年物、5年物、7年物、10年物、12年物の菌の中に椎茸菌を少しだけ加えてみると、今まで見たことのないきのこが発生したのです。そこから研究をさらに重ね、いろいろな形のきのこの中で、形の一番良いものから菌を培養し優良選別の繰り返しを続けてきた結果、『松きのこ』が誕生したのです。

松きのこに関する取扱いについて

福田農産株式会社では、松きのこに関しては通信販売を行っておりません。
取り引きをご希望の方は以下のお問い合わせ先までご連絡ください。
0250-47-2816
福田農産株式会社
〒951-8131
新潟県新潟市中央区白山浦1-614 白山ビル9F
TEL.0250-47-2816
FAX.0250-47-2831
1.農産物の生産、加工、販売
2.農業資材(焼土、培土、土壌改良材等)の売買
TOPへ戻る